12月は節約考を改める時期なんだと思う

一年の内でも11月の下旬から12月末日は一般的に見ても消費が上がる時期、初冬なのであったか衣類やグッズが必要になるというのもありますが。
個人的に思い返してみても例年は衣類やお正月用品などで多かったなと感じ、これを2015年12月は教訓としてみようと考えました。

考えてみるに12月は四季を通していちばんイベントも盛り上がる時期、ジングルベルを一人ですごすにしてもケーキやチキンくらいは買ってこようという気分になるし。
秋のイベントでハロウィンくらいなら関心度は中程度ですが、クリスマスはちょっとはなやぐ気分でいたいと思うから、非日常的にこれくらいならいいかと考えるんですね。
ケーキ一個にチキンちょっとくらいなら年末だものなんてことですが、お正月用の材料など買うまでは毎日の食事に使う野菜とかお肉など縮小傾向になっています。

目安としては食料品を宅配でも利用しているので、毎回の合計金額をインターネット注文画面で何回もチェックしながら秋頃から小幅にしています。
一か月に4回分の利用料金が通常ですから一回が4,000円だと16,000円くらいになる訳ですね、スーパーも毎月4回から多くて5回になるという買い物を併せて節約を考えるようになりました。どちらかというと金銭的なことでは大まかというかアバウト感覚でしたから、日ごろの節約志向から年末だものいいよねと消費する気持ちはハイになってましたね。

宅配のカタログには野菜や果物などの食料品から日用品や雑貨、衣類小物などもあるのでそれぞれのカテゴリから注文すると一回分の合計金額は5,000円以上に。2015年12月は通常モードと節約できるのが一週から3週迄、4週となるとクリスマスありで年末まったりですからね、食品以外でお正月用品にも一考あるべきだし、毎年宅配ですから一か月分の上限は20,000円くらいとしたいところです。細かいですがこのお魚いい味してるんだけどなと思いつつセーブ、2枚で410円の値段商品から小ぶりな鮭で230円商品などにしています。

この季節は賑やかでよい気分になれる時ですが、冬時期ということからも電気代などの光熱費も気になるもの、毎年使ってる電気製品も使い方次第で節約できるコツを覚えました。電気製品では冬物ヒーターはずっとハイの設定にしないことが一つと、LED効果で明るさを微調整して毎日節約、これで秋の季節に数百円とか節約できたのでこの冬も電気代縮小傾向で行けるかなと思えて気分アップしています。電気製品の使い方も一つの方法ですが、できるだけ身体を動かして筋力アップも電気代節約には一役、中高年世代はお腹とか下半身が冷え易くなるらしいというので、腹筋も始めてみました。

食料品や電気代は毎日のことで節約しやすいジャンル、購入意欲ということではショッピングサイトなども賑わっているので、化粧品とか気分もちょっと向いていました。でも今年はこれまでより節約志向、セーブと考えたのだから12月のクリスマスコフレやお正月向けの福袋は2016年でもいいとして先送りにしました。美容液とかオールインワンジェル、サプリで6,500円はリーズナブルなんですけど、セレブはもうちょっと先ということにして化粧水やメイク小物と必需品の範囲内で納めようと思っています。クリスマスコフレとか化粧品の福袋は人気もあって気になりますが、生活ベース作れたら注文できるかな。

いつも節約する気持ちを持ち続けるのには何かしらきっかけが必要なんだと思います、数万円くらいはするという家電製品が必要になりそうだとか、貯金する必然性が生じたとかね。今年はきっかけを自分の心にインプット、それから行動できるのが人間というものだから、ちゃんと形になる節約には心構えがキーポイントと思っています。

そして12月は出会いの時期でもあり節約もしつつ出会いも懸命に探していかなくてはいけません。
そこでできるだけ安いイベントに参加するのが良いのですが金額は2000円~2500円くらいで飲み会を探していたら家の近所で飲み会が開催されていました。この飲み会大阪は2300円とリーズナブルでしたので一度参加してクリスマスまでにはなんとか頑張りたいです。